相続税対策としてやるべきことは!その注意点

贈与をしておくことです

相続税対策というのは、要するに如何に自分よりも卑属の物に財産を課税なしに譲渡できるのか、ということかにかかっています。その方法として贈与があります。贈与税というのもあるのですが、非課税分があります。一人110万円ですから子供、孫がいればそれだけ節税対策とすることができるでしょう。非常にお勧め出来るやり方であり、とてもわかりやすいことでもあります。但し、別途、贈与と認定される行為があったりしますから注意です。

不動産を買うことです

現金で相続をさせるよりも不動産のほうがよいことがあります。もちろん、これは他に十分な現金がある場合のみではありますがこの方法もなかなかよいです。要するに家作を渡すことができるようにしておくわけです。評価額で判断されることになりますから、実は現金よりも遥かに税金が安くなるの可能性があります。それに良い家作は子々孫々に役に立つ財産になるといえますから、これは是非とも利用するべきでしょう。上手い相続のさせ方です。

教育資金を出すことについて

孫の教育資金を出す、ということが節税対策として許されています。いくらか限界はありますがそれでもやり方としては非常に真っ当ですし、財産を譲る形としては非常に優れているといえるでしょう。但し、何処までが贈与になってしまうのか、というのが実に難しい判断にもなります。また、勝手にやりました、というのも駄目なので専門的な知識が必要になることでもあります。ですから、これは良い方法ではあるのですが少しばかり面倒ではあります。

相続税対策は、資産価値の高い物件を相続したい場合に、念入りに検討をする必要がありますが、顧客対応の良い税理士などのプロから助言を受けることが大切です。