アパートとマンション経営はどう違うの!?管理方法にも影響あり

アパート経営とマンション経営の違いとは

アパート経営とマンション経営は混同されがちですが、実際には異なる点が多いです。アパート経営では1棟まるごと購入して運営することになりますが、マンション経営では1室からの区分所有が可能となります。少額投資が可能なマンション経営は、どう管理するかが物件によりある程度決まっていることもあるので注意が必要です。1室のみの場合には自己管理をしたいと考える大家も多いですが、マンション全体で管理組合が決まっている場合には設備面での管理は同じ管理会社を使用する必要があります。

マンション経営では管理会社が重要な役割を果たします

取り扱う部屋数がある程度大きくなると、専業大家であっても管理に困ることが増えます。マンションの管理会社には、マンション全体を管理する会社という意味合いの他に、賃貸マンションの1室を管理して賃借人と大家の間に入る賃貸管理会社があります。賃貸管理会社の選定方法を間違えると、入居者が退去してしまう可能性が一気に高まるので注意が必要です。区分所有マンションの賃貸や分譲賃貸を専門に借りている人にとって賃貸管理会社が入ってくることはリスク以外の何物でも無いと考えて退去する人が珍しく無いからです。1室のみの区分所有を行っているマンションについては、現在の入居者の意向をある程度汲む必要が出てきます。

賃貸管理会社を使うと空室率が上がる

1棟まるごと購入することが多くないマンション経営では、自主管理を行っている物件が意外に多いです。少額投資から始める人にとって、賃貸管理会社は管理手数料がそっくり収入源に繋がります。中でも賃貸管理会社を導入した際には、家賃保証会社との契約を入居者に対して迫る傾向が契約更新時に多く見受けられるので、現在自主管理を行っている物件については入居者に問題が無い限り賃貸管理会社を間に入れる方法はオススメ出来ないことになります。次に入居者が入れ替わる時に検討すると良いでしょう。

効率的な投資としてマンション経営が人気があります。特に、退職してお金に余裕ができた方がはじめるケースが多いです。